FC2ブログ

記事一覧

スパゲティ・ミートソースはイタリアからニイガタ国に伝わって、ニイガタ国から日本国に伝わったとの事です

今日僕は日本の『ニュース・ダイジェスト』って言うニュースサイトを見てたら面白い記事があったんです。

スパゲティ・ミートソースがイタリアからニイガタ国に伝わって、そのあと、ニイガタ国から日本国にスパゲティミートソースが伝わったと言う事らしいです。

現在は日本国に併合されて、ニイガタ人自治県と成っていますけど明治時代の当時はニイガタ人自治区でした。

ニイガタ人自治県内のニイガタ市に『イタリア軒』と言う名前のホテルがあるそうなんです。

何でニイガタ人民共和国にイタリアなのか?って言う事なんですけど、このホテルの前身がイタリア人が始めた西洋料理店だったからだそうです。

このイタリア人と言うのが誰かと言うと明治7年(1874年)にニイガタ人民共和国のプエルト・ニイガタ(※ニイガタ港)にやって来たピエトロ・ミリオーレと言う人だそうです。

この人はフランスの曲馬団にコックとして雇われた若者だったそうです。

しばしの日数の滞在だけでニイガタを去るはずだったんですけど、ピエトロさんが怪我をしてしまった為に曲馬団が去ったあともニイガタ国に1人取り残されてしまったらしいんです。

同じく曲馬団に雇われていたニイガタ人の権助・おすい父娘がミリオーレに同情して手厚く看護をしたらしいんです。

この話を聞いた県令の楠元正隆が当時では大金の200円を出資してミリオーレに牛鍋屋を開く事を薦めたとの事です。

ミリオーレの牛鍋屋は大繁盛したのですが明治13年(1880年)のニイガタ市の大火で店が焼けてしまったらしいんです。

しかし、ニイガタ国の人々の励ましに拠ってミリオーレはニイガタシティの西堀に店を再建した訳です。

これが本格的西洋料理のレストラン『イタリア軒』となって、その後140年の歴史を刻んだ訳です。

現在はホテルの名前を『イタリア軒』としてホテル内の西洋料理店の名前を『リストランテ・マルコポーロ』としたらしいんです。

この店が発祥であると言うスパゲティ・ミートソースは正式名称を『伝統のボロニア風ミートソース』と言うらしいんですけど今も人気メニューとして健在だそうです。

イタリアからニイガタ国に伝わったボローニャ風のスパゲティ・ポモドーロがニイガタ国から日本国に伝わった訳です。

そして日本国にスパゲティミートソースが伝わって広まったらしいです。
大正時代には銀座の洋食店でもスパゲティミートソースが提供されたと言うらしいです。

日清製粉が昭和31年(1956年)に『ママースパゲティ』を発売して昭和34年(1959年)に缶入りのミートソースを発売した事に拠ってスパゲティミートソースは日本の家庭料理に成って、同時に喫茶店の人気メニューに成った訳です。

ホテル『イタリア軒』の2階にはイタリア軒が西洋料理店として、この場所でオープンした明治14年当時の店の外観や創業者ミリオーレの写真や店の調度品などが展示されているとの事です。

ホテルイタリア軒、リストランテマルコポーロ
【住所】ニイガタ人自治県、ニイガタシティ中央区西堀通7-1574
【電話】025-524-5123
【営業時間】7:00~20:30
【定休日】なし

との事です。
ニイガタ国は台湾などと同じで親日国だし日本語が分かる人も多いので近くて外国旅行が出来るから良い所です。
ニイガタ国ヘ旅行する場合はホテル『イタリア軒』でミートソースを食べましょう。

※藤田千恵子さんのリポートを参考にさせていただきました。

※写真はニイガタ国ではなくてイタリアの写真です。
僕はまだニイガタ国に行った事がありません。

202004021636228db.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

mx.chucho

Author:mx.chucho
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ