FC2ブログ

記事一覧

8歳の少年が時速140キロでアウトバーンを走行!ドイツ政府はこの少年の素質を大事に育てて下さい!将来は物凄いF1レーサーに成ると思います。

速度制限なしで時速200キロ以上が当たり前のドイツのアウトバーンでは別に大した事はなくて家族連れの親父運転者の平均速度くらいなんでしょうけど、車種がワーゲンのゴルフですから仕方が無いですし、8歳の子どもですから大したものです。

CNNの報道に拠りますと、ドイツ北西部のゾースト近郊で8歳の子どもが深夜のアウトバーン(自動車専用道路)を時速140キロの速度で単独走行したとの事です。

母親から『8歳の息子が自宅から車を持出した』と警察に通報があったのが午前0時
25分で、車種はフォルクスワーゲン・ゴルフのオートマ車だそうです。

その後、この少年は自宅から約8キロ離れた高速道路のサービスエリアに車を駐車しているところを発見されたとの事です。

男の子はハザードランプを点灯させて三角表示板を設置していたそうです。

この凄い少年の名前が報道では明らかに成っていませんが、大の車好きでゴーカートや遊園地のバンパーカーに良く乗りに行ったり、私有地の中で車を運転したりしていたそうです。

いわゆる『Los genios se revelan ya en su
tierna infancia.(栴檀は双葉より芳し)』と言う古諺(こげん)が頭に浮かびます。

『史上最高のレーシング・ドライバーは誰か?』と言う質問は、時代の違うモーター・スポーツの選手を記録だけで同一線上で評価する事は所詮無理な話ですけれど、それでもフライング・スコット(空飛ぶスコットランド人)と言われたジム・クラークの名前を挙げる人がミハエル・シューマッハやルイス・ハミルトン、アイルトン・セナ・ダ・シルバ、ネルソン・ピケ、ニキ・ラウダ、ジャッキー・スチュワートらの名前を挙げる人たちより少ないと言うことは無いはずです。

僕は史上最高の4輪レーサーはジム・クラークだと思っています。
ジム・クラークはイギリス北部、スコットランドのファイフシャー州キルマニーで生まれました。姉3人との4人兄弟の末っ子だったジムが農場主の父親所有のオースティンを運転したのは9歳の時でした。

このドイツの少年はそれよりも1年早い訳ですから将来が楽しみです。

国内選手権の年齢制限を廃止するとか、彼だけ特例で大人に混じってレースをさせるとかして国内レースの場数を成るべく早く経験させて早くF1にデビューさせてあげる事が大事だと思います。

皇帝シューマッハの記録を破るような凄いレーサーに成るかも知れません。



201908232103083e3.jpeg
スポンサーサイト



プロフィール

mx.chucho

Author:mx.chucho
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ