FC2ブログ

記事一覧

『Bonsai en México (墨西哥の盆栽)

『Bonsai』と言う言葉は今や国際語と成りました。『Kárate』や『Quimono』あるいは『Geisha Abe』などと同じく『1次名詞の国際語』に成った訳です。

近頃の日本発信の国際語の単語は『Izime(いじめ)』とか『Enko(援交)』だとか、あるいは『Chikan(痴漢)』、『Jentai(変態)』そして『Shitagui−Doro(下着ドロ)』などと言う言葉がスペイン語圏でも広まって来てしまいまして、何て言うか(同胞としては嫌だな)と言う気持ちに成る訳です。

まあ、僕は日本を捨てた人間ですし、日本人である事を鼻に掛けて現地の人を見下すような日本企業様のエリート駐在員様たちと違ってメキシコ人化して生きていますから、そんなに威張ってはいないんです。

でも三井商事様とか住友商事様のエリート駐在員様達がいくらふんぞり返ってエリート風を吹かせて(我々日本人は学歴・教養が高くて勤勉で優秀である)みたいな感じで、少し高い所からメキシコ人を見下すようなスタンスをお取りに成られても『でも、おめえんとこの国って世界一変態と痴漢が多い国らしいじゃねえかよ。下着泥棒とか言う奴らが世界一多いらしいじゃねえかよ』とか言われちゃったら、どんな偉そうな能書き言ってもアウトな訳です。

それ言われちゃったら、返す言葉が無い訳です。

『強姦が良い』とか言ってる訳じゃなくて、犯罪だから悪いんですけど、『盗撮だとか電車内痴漢とか下着泥棒の方が恥ずい』って言う感覚が有る訳です。

1人や2人くらいの変質者の方が居らっしゃるだけでしたら、まあ、そんなに迷惑じゃないんですけど、日本全国の津々浦々で毎日痴漢の方たちが出没して変態活動に励まれてる現状は海外在住者には非常に迷惑な訳です。

そう言った『Jentai(変態)』関係のワードと比べますと『Bonsai』などは僕には何が面白いのか分からなくて『定年退職ジ●イの暇潰しの変な趣味』と言うような見方をしているのですけど、とりあえず『Shitagui −
Doro』みたいに僕に迷惑を掛けるワードでは無い訳です。

ちなみにスペイン語では『J』の文字を『ホータ』と言って『Japón(ハポン)』の
ように『ハ行の音』に成りますので『ヘンタイ』は『Jentai』に成る訳です。

『Jentai japonés』で『変態日本人』です。

Bonsai en México(メキシコの盆栽)についてネットで調べてみましたら、アソシエイションと言いますか、そう言った協会みたいな物は、どうも無いみたいで、みんなが勝手に商売をして盆栽を売って、客が買って家に飾ると言うみたいです。

物の本に拠りますと、盆栽と言う物は13世紀くらいに発生したもので、単に鑑賞して楽しむと言う欧米人式の単純な手慰みの趣味ではなくて仏教思想や禅の思想、哲学と結び付いた非常に哲学的な物らしい訳です。
僕にはさっぱり分かりませんが、侘び寂びの考え方とか何か日本人特有の難しい精神文化とかが関係してるらしいです。

ネットで見てましたらほとんどがボンサイを売っている販売店でしたが、映画などで観た日本人のように自分で枝を切ったりして『盆栽の真似事をしてみたい』人がかなり居る事を当て込んで稼ぎ込みをしようと考えた知恵者がいたみたいです。
『盆栽教室(clase de Bonsai)』と言う広告がありました。

メキシコ人講師が何をどう知っているのかは分かりませんが、本当の事を知っている人が居ない所ではどんな嘘も通りますから、公園でやっているカラテやニンジツ(忍術)のクラス同様、凄いインチキ商売かも分かりません。

港町のベラクルスにMuseo del bonsai(盆栽博物館?ミュージアム?)と言う物があるらしいです。
別名Museo de Tatsugoroと言ってタツゴロー・マツモトと言う人が作ったムセオで、
1000個くらいの盆栽が展示されてるとの事です。

僕は盆栽いじりとか何が面白いのか分かりませんから、(僕から見たら)下らない趣味だと思いますけど下着泥棒の女性下着蒐集家の方たちのご趣味よりは僕に迷惑を掛けないので良いとは思います。



20190610103548623.jpeg
201906101036258d8.jpg
20190610103641778.jpg
201811141004433aa.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

mx.chucho

Author:mx.chucho
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ