fc2ブログ

記事一覧

Caso cerrado がロサンゼルスに進出!チカーノのブラック社長が登場してパワーアップしましたあ

昨日のCaso cerradoはいつものマイアミでのスタジオ録画では無くてロサンゼルスさまでの録画でした。Caso cerrado in Los Angeles,キャリフォーニアです。ロサンゼルスはチカーノ(※1)様の庭場ですから訴えられてる社長夫婦さまに当然ですけどチカーノさまの強烈なメキシカンタコスが登場しました。😣(※1)chicano👉メキシコ系米国人。😣まあ日本のブラック企業とどっちが悪いのか微妙な所なんですけどメキシコ人のがめつい社長さまも日本...

続きを読む

写真は独学なんですけどお ................... (577)

カラーで撮った写真を白黒写真にしました。写真(7)は構図をトリミングしてカットして人物をアップにしたら写真が左に寄ってしまいました。写真(8)だけコロナの前の時代の写真で他の写真はコロナ後の時代の写真です。写真(12)👉手前の座ってる人は僕の姑でスペイン人の白人です。姑のローサの後ろに立ってる右の親父はやや浅黒い肌のメスティーソ(スペイン人とアステカのインディオの混血の子孫)です。ジジィの左にいるのは僕の甥っ子で...

続きを読む

クバ弁のスペイン語がいい感じです

昨日も僕はアンナ・マリア・ポロさんの『Caso cerrado(これにて閉廷)』を観たんです。「¡ caso cerrado !」だけですと「閉廷!」みたいな感じに成って「¡ He hecho, caso cerrado !」で「結審しました、これにて閉廷します」みたいな感じだと思うんですけど番組のタイトルとして日本語に訳す時の語呂的に「これにて閉廷!」と意訳しました。前回のブログに書いたようにメキシコのロシオ・サンチェス・アスアラさんの『Cosas de la vid...

続きを読む

写真は独学なんですけどお ....................... (576)

写真(4)👉僕の家(って言うか僕の奥さんの家ですけど)のガレージ部分です。耶蘇教の絵が飾ってあります。僕は耶蘇教が大嫌いなんですけど家庭内では夫婦円満に過ごす為に宗教の話はしない事にしてます。写真(8)👉お尋ね者って言うか訪ね人の写真みたいです。戦争で生き別れた恋人を探している『君の名は』みたいな感動的な話ではないか?🤔とも思いましたけど(たぶん)違うみたいです。写真家としての僕のカンなんですけど写真の人の雰囲気が...

続きを読む

下町の風景 (105)

写真(1)👉防犯カメラの設置とパトカーの巡回頻度を多くしたから下町のスラ厶地区の治安が良く成ったのでガメつい不動産会社様が高級分譲アパートメントを僕たちの町にもたくさん建てたので町の雰囲気が昔と比べてかなり変わりました。住民も他所から越して来た新住民の人たちが増えました。右側の建物が新住民の人たちが住んでる高級分譲アパートメントです。写真(2)👉旧市民の人が住んでる家です。写真(3)(4)👉姪のメルチェたちが住んで...

続きを読む

川の流れのように ...... (327)

写真(10)はコロナの前の時代に撮った写真です。それ以外の写真はコロナ後の時代の写真です。...

続きを読む

Ana María Polo さんの『 Caso cerrado (これにて閉廷)』観ましたあ

『caso(カソ)』はスペイン語の辞書を引いて見ましたら【事件、ケース、事例、件、事実】などと書いてありました。『cerrado(セラード)』は『閉じる』と言う意味の『cerrar(セラール)』って言う動詞の形容詞型または過去分詞型らしいんですけどつまり『閉じられた』だとか『秘密にされた』みたいな意味です。法律用語だと裁判長が『カソ・セラード』って言う場合は『閉廷』って言う意味です。判決文を読み上げて結審って言うのか何だか分か...

続きを読む

Persona .... (41)

...

続きを読む

下町の風景(104)

...

続きを読む

川の流れのように ................ (326)

写真(9)👉義妹のベレニセがバイクに乗る練習を始めました。「車のクラッチと同じ感覚でやれよ」って教えたんですけど四輪車に先に乗ってから二輪車に行く連中はギアチェンジが下手で手間取るみたいでエンストばかりしてました。二輪から先に覚えた人は二輪車のパワーバンドが狭いからギアチェンジが上手いんですけど四輪車を乗ってから二輪に行く人は下手なんです。ベレの奴はアライの岡崎静香レプリカのヘルメットを買いたいらしいん...

続きを読む

写真は独学なんですけどお ................. (575)

カラーで撮った写真を白黒写真にしました。ほとんどの写真がコロナの前の時代の写真ですけどコロナ後の時代の写真も何枚か入ってます。...

続きを読む

下町の風景(103)

カラーで撮った写真を白黒写真にしました。写真(7)👉南河内大学應援團部の青田赤道親衛隊長様が1回生の部員に気合いを入れてる、みたいな場面です。「今あたしがしゃべってんだけどお前は親のあたしがしゃべってる事をちゃんと聞いてんのか?」「聞いてない、今僕ゲーム中😣」って僕の孫のジャミルが答えて僕の娘のイレーネに頭をグリグリ抑えられて折檻されてる場面です。頭をグーって押されてもゲームを止めないジャミルは天晴です😣写...

続きを読む

川の流れのように ...... (325)

...

続きを読む

閑さや岩にしみ入る蝉の声、みたいな心境です

今の僕の気持ちを俳句で表しますと『閑さや岩にしみ入る蝉の声』みたいな感じなんです😣...僕の娘のグーグーガンモ(※通名イレーネ)が亭主のテキ屋バスの運転手のウン筋パンツマン・ウンスジャーZ(※通名アクセル)って言うウンコ垂れ親父と揉ました為にチビっ子ギャングどもを4人も連れて原隊復帰して戻って来ちゃったんです。昔の軍隊に喩えますと兵隊ヤクザみたいな札付きの奴らが重営倉に入っていたのが刑期が終わってまた原隊復...

続きを読む

下町の風景(102)

カラーで撮影した写真を白黒写真にしました。今僕は白黒写真に凝っているんです。白黒写真は難しいんですけど難しいから面白いんです。趣味の事って言うのは簡単だったらすぐに飽きてしまうけど難しいからハマるんだと思います。写真(2)(3)はバスの中から外の景色を撮った写真です。...

続きを読む

川の流れのように ...... (324)

...

続きを読む

テピートのスープ『ミガス』について

昨日我が家の軍団は甥っ子のブライアンの子どものディエゴのcumpleaños(※1)のフィエスタに参加してブライアンの母親のメルチェの1家とメルチェの姉のビッキーの1家やメルチェとビッキーの姉妹の1番上の姉のジョランダの所の1家などの1族が固まって住んでいる長屋(ながや)に行って来たんです。(※1)cumpleaños👉誕生日飯とケーキを食べた後にオチャケ(👉酒😣)って言う順番だったんです。僕は今は酒をあまり飲まないから付き合い程...

続きを読む

下町の風景(101)

以前に撮った写真の色調と色温度などのエフェクトを変えたり構図の切り方を変えてみました。最近撮った写真も入ってます。コロナの前の時代の写真とコロナ後の写真と両方入ってます。写真(6)👉メキシコ人は例外的に強い奴もたまにいますけどアベレージ的には素手ゴロが弱くて臆病な民族ですから山の手の高級地区の連中はケンカをしないんですけども下町の奴らはけっこうケンカ(らしき物?)をするんです。日本人の激しいガチなケンカに比...

続きを読む

大本營發表「大日本帝國の首都(帝都)東京都の小池百合子東京都長官さまがB29の空襲に備へて燈火管制を帝都市民に對して命令したさふです」

神州不滅の皇國であります我が大日本帝國に對する醜敵B29爆撃機に拠る空襲が激化する現下の情勢に鑑(かんが)み帝都東京都長官の小池百合子閣下が帝都市民に對して燈火管制を行なふやふに命令したさふであります。これは各家庭にて使用せる燈火が夜間空襲に来襲します敵爆撃機に對して爆撃目標を與へる事に成ってしまふ為に敵爆撃手に目標を與へぬやふにする為ださふです。まずは敵に爆撃目標を與へなひやふにする事が肝要であります...

続きを読む

親戚の子どものクンプレ(※誕生日)のフィエスタに行ったらマスクをしてる人がほとんどいなかったんですけど

昨日メルチェの伜(せがれ)のブライアンの小倅(こせがれ)のディエゴのクンプレ(※1)だったので僕たちはフィエスタに行って来ました。(※1)『クンプレ』👉クンプレアニョス(cumpleaños:誕生日)の略一応「4時開始だよん」などと言う状(チラシ)が廻って来たんですけど「あいつらのこったから4時に始まる訳はねえよ、6時過ぎだろうな」って言う僕の意見で僕と僕の奥さんのウメ星デンカ(通名テレサ)と娘の青田赤道(通名イレーネ)の我が家...

続きを読む

川の流れのように ...... (323)

カラーで撮影した写真を白黒写真にしました。以前に撮った写真と最近撮影した写真と両方入ってます。コロナの前の時代の写真とコロナ後の写真と両方入ってます。...

続きを読む

タコスの概念が日本に間違って伝わってます

日本の寿司(🍣鮨)がSUSHI(スシー)に成って外国で『日本の寿司に似た何か変な食べ物』に成っちゃってるんです。😣例えばアメリカ合臭国なんかでもSUSHI ITO(スシート)なんかは値段は舐めくさったボリ価格で高いんですけど寿司自体は旨くも無いって言うか少し不味いけどそんなに変じゃなくて食べられるレベルの普通のやや不味い感じの寿司なので『寿司』って名乗ってもまだ許せる訳です。値段に関しては2カンで1ドル40だ...

続きを読む

下町の風景(100)

以前に撮った写真の色調と色温度を変えたり構図の切り方を変えたりしました。以前に撮影した写真と最近撮った写真と両方入ってます。コロナの前の時代の写真とコロナ後の時代の写真と両方入ってます写真(1)👉下町は路上の屋台で服を売ってます。写真(2)👉ストリート・カラオケシンガーの仕事をしているおじさんです。チップのお捻りを入れて貰う為のコップを右手に持ってマイクを左手で持ってるからこの人は左利きではないかと僕は推理し...

続きを読む

写真は独学なんですけどお ................. (574)

カラーで撮った写真を白黒の写真にしました。以前に撮った写真と最近撮影した写真と両方入ってます。コロナの前の時代の写真とコロナ後の時代の写真と両方入っています。...

続きを読む

或る日のメキシコシティ .................. (446)

写真(2)👉PBI(銀行及び企業警備警察)の警察官のお姉さんです。サムアップ・サインをしてくれたんですけどシブイ顔で決めようとしたのか笑顔が無かったです。写真写りをシブイ顔で決めたい系の人は笑顔が無いのが少し良くない気がします。写真(3)👉この屋台の人たちの歩道占拠率は75%くらいで歩行者の歩くスペースが凄く狭いです。写真(4)👉銀行前で警備をしてる警察官はPolicía Preventiva(ポリシア・プレベンティバ)の警察官の人です...

続きを読む

喜志鹿崎沖で撃墜された九七式艦攻の引き揚げとご遺骨の調査が行なわれるそうです

種子島北端の喜志鹿崎(きしがさき)沖の海底に眠る九七艦攻さまの機体の引き揚げと御遺骨の調査を国が行なう事にしたそうです。現場は島から数百メートルの地点で水深20メートルの海底だそうです。種子島と言う所は鉄砲伝来の地として有名ですけど現在の住居表示では鹿児島県西之表市と言うそうです。日本の為に戦って戦死されました3名の搭乗員の人の御英霊の魂が眠っておられますこの九七式艦上攻撃機さまを発見してくださいました...

続きを読む

写真は独学なんですけどお ................... (573)

カラーで撮った写真を白黒写真にしました。以前撮った写真と最近撮った写真と両方入ってます。コロナの前の時代の写真とコロナ後の写真と両方入ってます。白黒写真は白い服の人と黒い服の人の写真が凄く難しいです。試行錯誤してます。...

続きを読む

下町の風景(99)

以前に撮った写真の色調や色温度などのエフェクトを変えて構図のカットの仕方を変えてみました。最近撮った写真も入ってます。コロナの前の時代の写真とコロナ後の時代の写真と両方入ってます写真(1)👉舟型略帽のサービスキャップは外国人には似合うんですけど日本人の顔と頭の形には似合わない気がします。写真(2)👉メキシコ陸軍海兵隊の駐屯地です。...

続きを読む

川の流れのように ...... (322)

カラーで撮った写真を白黒写真にしました。以前に撮った写真と最近撮った写真と両方入ってます。コロナの前の時代の写真とコロナ後の時代の写真と両方入っています。白黒写真の場合は被写体の人の服が白の時と黒い服の時が凄く難しいです。モノクロの普通の白黒で補正しきれない場合に僕はセピアカラーにする場合が多いです。写真(3)👉セピアカラーに逃げた方が無難な写真に成るとは思うんですけど白と黒だけで表現してみたくて試してみ...

続きを読む

DETE受験予備校 😣 (7) 『フレフィレ』とは何ですか?

僕の娘が亭主のウン筋パンツマンのウンスジャーZ(ゼット)と揉ましやがってケツを割ってウン筋の家から飛び出してチビっ子ギャングどもを4人も連れて出戻って来てしまったんです。😣この1家は騒音がうるさくて夜中まで騒いでるし、だらし無さが半端じゃないんです。僕は怠け者なので無駄な努力をして環境を変えようと足掻くのが面倒だから環境に慣れちゃうタイプの人間なので初日こそブチかまされちゃって少しメゲましたけど今では新...

続きを読む

プロフィール

mx.chucho

Author:mx.chucho
メキシコに住んでます。
メキシコシティ国際空港の近くの下町に住んでます。
日本を飛び出してメキシコに来た時にはまだ20代後半だったんですけど気が付いたら60歳近いじじいに成っちゃってました。
メキシコシティに30年住んでます。
長かったのか短かったのか良く分かりません。
右往左往してドタバタして生きて来たんですけどそう言った事なんかをブログに書いてみたいと思います。

最新コメント

カテゴリ