FC2ブログ

記事一覧

役所のお姉さんがきれいなのはいい事だと思います

区役所とか市役所とかに行くと良く待たされますね。メキシコの役所はどうかと言いますと実はこれが何と、驚いた事にですねえ何と!メキシコでも待たされちゃうんですよ。😆😆😆これからちょっと微妙な話題に触れますので、1言お断りして置きます。女性の容姿に関する話題なので、女性を容姿で差別しているとか、バカな人に誤解されると困りますので、最初に断わっておきますが、僕はたぶんそう言うタイプの人間じゃないと思います。僕は意外と...

続きを読む

三匹の侍

以前のブログにも書きましたが、メキシコは車優先社会なんです。写真のように横断歩道を車様が占拠して我々民草の歩行者は端に追いやられる場合が度々ある訳です。何故こう言う事態が発生するかと言うと、ここが左折禁止だからです。僕の考えでは日本人は運転技術、運転マナー共に世界1優秀な民族ですので基本的にほとんど全ての道路が右折出来る訳です。日本人は対向車が直進して来る道路で何の問題も無く右折を朝飯前にこなす民族なん...

続きを読む

直(ちょく)で行くんだよ、直でえ‼

僕の住む町で路上で果物を売っているお姉さんのお店です。売り台が無くて地面に直(ちょく)で行ってますんで、露店とは言えない気がします。何て書こうか?と10分くらい熟慮した結果、『ロジョー』と名付ける事にしました。『路上』の意味の『ロジョー』ですが片仮名で書きます。片仮名で書くと同じ内容でもお洒落感が出ます。『路上生活者』よりも『ホームレス・ピーポォ』、『大道芸人』より『ストリート・パフォーマー』の方がお洒落感が...

続きを読む

スペインの仁義道

あくまで僕の考えですけど、イタリア人とスペイン人を比べると、僕の付き合ったビリヤードのお友だちに関しての事ですが、イタリア人のピーヒャラした軽さに比べて、スペイン人には、トルコの人達に良く似た『硬派な仁義道』みたいな物があると思いました。『一宿一飯の仁義』とか『家財道具売っぱらっても旅の客人を饗(もてな)す』みたいな性格の人が多いんです。僕のお友だちには多かったんです。僕はビリヤードの旅行しかしませんから姑...

続きを読む

メキシコも段々競争社会に成って来たみたいです。

日本のニュースサイトを見てますと、カラオケ店の倒産が多いとかコンビニでも潰れるお店が多かったりとか言う事が書いてありました。『愛の貧乏脱出大作戦』とか『マネーの虎』と言う番組をユーチューブで見たんです。飲食店の商売なんかは、お金を投資してお店をやっとの思いで始めた人達が5年もしないうちに潰れてしまったりする人が多かったりするらしいです。日本の競争社会の厳しさを痛感させられる番組でした。『達人』とか言う人...

続きを読む

ni modo(仕方が無い)

『ni modo(ニ・モド)』って言う言葉をメキシコ人は良く使います。タイの人たちの言う『マイペンライ』や中国の人の『メイファーズ(没法子?でしたか?)』と同じような意味で『仕方が無い』と言う意味です。中国には僕は行った事がありませんし僕は中国に興味が無いので良くは知りませんが、五味川純平さんの『人間の条件』の中に『メイファーズ』と中国人の人が言う場面があったので『仕方が無い』を中国語で『メイファーズ』って言うの...

続きを読む

タコス戦線異状ありのよ

メキシコって言うとタコスと皆さん思うでしょうけど、メキシコシティの中でタコスの屋台って言うのは実は凄く少ないんです。 ケサディージャと言ってタコスの生地のトルティージャを鉄板で焼いた物の中にタコスの具を詰めたり、タコスの中身の具を詰めたトルティージャを餃子みたく蓋を閉じて油で揚げた物で、焼きタコス、揚げタコスみたいな物があるんです。そのケサディージャに押されてタコスの屋台は、どんどん少なく成ってるんです。...

続きを読む

商売の事になるとメキシコ人は頭がいいんです

僕はドミニカ共和国様にも行った事があるんです。窓ガラスも無くてドアに鍵も掛からないような家で、いつも他所の家の人が勝手に入って来てテレビを観てたりしてました。僕が泊まらせて貰った部屋にも当然鍵など無かったんですけど、何も盗まれたりしませんでした。いい人たちでした。村に宿泊施設が無くて、(どうしようかなあ?)って思っていたら親切な人が村長さんの家に泊めてくれるように話をしてくれたみたいで、良く分からないけど泊...

続きを読む

冤罪事件に巻き込まれちゃいました

日本と違って『ハグの習慣』があるんですよ。スペイン語で『abrazo(アブラソ=抱擁)』って言います。動詞だとabrazar(アブラサール)で「抱擁する」またはdar un abrazo a+人で「~を抱擁する、~にハグする」に成ります。知り合いの女の人、女友だちなどに出逢った場合にアブラソをするんです。僕の場合は良く行くサンボルス百貨店のカフェテリアの顔見知りのメセラ(ウエイトレス)のお姉んやビリヤード場の店員のお姉さんにアブラソをします...

続きを読む

菅田順和の突っ張り先行 !

1枚目の写真が打鐘第4コーナーを回わって最後の直線勝負で先行の1番車菅田順和(宮城36期:配達のお兄さん)を3番車の山口健二(東京38期:後のバス)が追い込む場面です。順番が逆に成りましたが2枚目の写真が、第3コーナー地点でフラワーラインの吉井秀仁(千葉38期:並走して仕掛けているお姉さん)の番手捲りに乗って後から山健が更にアウトから2車を一気にまとめて躱してトップに出ようとした場面です。 山口健ニは結局吉井は躱し...

続きを読む

メキシコ人はビリヤードが大好きです。

コロンビア人もビリヤードが大好きなんだけど、メキシコ人もビリヤード好きな民族です。しかも、プールよりも百万倍難しいと言われているスリー・クッション・ビリヤードをメキシコ人もコロンビア人もやります。日本のビリヤード場では、9割以上のテーブルがPOOL TABLE(プールゲームって言うアメリカ式のポケットビリヤード用のテーブル)でスリークッション・ゲームに使用するCAROM TABLE(キャロム・ビリヤード用の穴が開いていないテ...

続きを読む

僕の家のドアと壁が流れ弾で被弾しました

事件はけっこう前の話で3ヶ月くらい前なんですけど、画像が入ったチップを探していてブログ書くのが遅れました。時間的に言いますと、前にブログで書いた[fiesta(名):祭り、パーティー、スラムのケンカ騒ぎなど]の続編と言うか後日談です。ウチの町の不良グループが、この間のケンカで勝った訳ですが、やられた隣り町の4人組の奴らの内の1人で樫の木モックみたいな顔の奴がチャカ持って『返し』に来たんです。 こいつは本当に『樫の木モ...

続きを読む

LGBTの人たちの事や日本のイジメの構造について思ったこと

パソコンを覚えてニュースダイジェストと言う日本のニュースサイトが僕の携帯電話に入っていたので、良く分からないけどボタンを押したら、それから毎日、日本のニュースが見られるように成りました。グーグルの使い方も覚えたので日本で流行っている言葉で僕が知らない言葉が出て来ると、「LGBTって何?」って書いてボタンを押すとグーグルが僕に教えてくれるので、色んな事が分かるように成りました。LGBTって言うのは、『レズビアン・ゲ...

続きを読む

hay de todo,玉石混淆、全てがゴチャ混ぜなんです

水は通常10リッター入りで10kgくらいの重さらしいです。20リッター入りで20kgと更に重いです。水は重たいので、みんな配達を頼むんです。配達の場合は配達料金が入るので少し高く成ります。水屋さん以外のお店屋さんでも水を売っている場所がありますが、配達はしてくれません。配達料が含まれないので、少し値段が安くなりますが僅かの差なので大抵の人たちは配達を頼みます。たまに、その僅かの差でも、塵も積もればマウンテンに成ると言う...

続きを読む

アステカの人たち、アイスにもチレを掛けちゃいます

メキシコ人はアイスにもチレを掛けて食べちゃうんです。スゴイです。粉末にしたチレを掛けてアイスを食べるんです。僕も食べます。けっこう美味しいです。粉末のチレはチャモイピキンミゲリートタヒンと言う4種類の物があります。チレと言っても、色々種類があって、辛い物だけじゃなくて、甘かったり、酸っぱかったり、しょっぱい物とか色んなチレがあるみたいで中々チレの道も奥が深いと思いました。 粉末チレは全て赤唐辛子のチレを使って...

続きを読む

私設誘導員の人たち(ビエネ、ビエネの人たち)

市場の前などで、車の誘導をする私設誘導員の人の事をメキシコの言葉ではフラネレロ(franelero)って言うんです。スペイン語を話す国でも、こう言う仕事がない国もありますので、一般的なスペイン語の単語では無くて地域限定の言葉じゃないかと思います。  フラネレロと言う言葉の由来は、その昔この仕事を最初に始めた人たちが赤いフラネラ(franela)の布切れを持ってフラネラを振って車を誘導した事からフラネラの仕事をする人と言う事...

続きを読む

メトロ乗車方法.、其の弐 [精神修行、明鏡止水]

日本に旅行して日本のビリヤード場に行くとけっこう外国で球を撞いていた人が居てお話をして意見交換をしたりするんです。日本のビリヤード・シーンはプールが9割、キャロ厶が1割ですから、今ですとフィリピンとか台湾に行かれる人が多いんです。昔は女子プロ界の重鎮原田美恵子先生やアマチュアながら全日本3位に入賞した梅津さんなどがアメリカ合臭国に行きました。キャロ厶の方は昔は大村先生がアメリカに行きエディ・ロビンなど全...

続きを読む

8月になると山本のおばあちゃんの事と緑に萌えた呉の景色の事を思い出すんです

また8月15日の終戦記念日が来ました。第二次世界大戦自体が人類史上最大規模の戦争でしたが、日本が関わった太平洋戦争も、日本の歴史始まって以来の大きな戦争で、当時の人たちには、日本という民族が滅びるか、どうかの瀬戸際の戦いだった訳です。だからこそ特攻隊まで出撃させて必死に日本は抵抗したんだと思います。日本に対して2発の原子爆弾を投下したり、住宅地に焼夷弾の雨を降らせて非戦闘員を焼き殺して皆殺しにしようとして、女子...

続きを読む

『水屋さん』てスペイン語で何て言うのか分かりません。つうか『水屋さん』て言葉あるのかあ🤔?誰か教えて欲しいです。

硬水とか軟水とか専門的な事は分かりませんが、とにかく日本は水質が良いので、水道水を飲む事が出来る数少ない国らしいです。メキシコは日本以外の多くの国同様に水道水が飲めない国なので、コーヒーやスープやジュースを作る為の水は精製された水を買わなければ成らないんです。こう言うお水の事をagua potable(アグア・ポタブレ:飲料水)ですとか、あるいはagua pulido(アグア・プリード:精製水)とか言います。通常10リットル入りの『ガ...

続きを読む

メトロ乗車方法、其の壱 [位置取り]

この写真で説明しますと、問題なのは左の女の人の足です。乗る前にドアのガラス越しに車内を見て、こう言う足を組んでるような人が居たら、そこを避けてなるべくいいポジションを占めるようにダッシュする方向を乗る前に決めておきます。好位置の占位。これは、空中戦の鉄則ですが、全ての事に当てはまる勝負の鉄則だと思います。 352機撃墜の世界最高撃墜王、ルフトヴァッフェ(ドイツ空軍)のエーリッヒ・ハルトマン少佐も日本海軍撃墜王、20...

続きを読む

メキシコの私服刑事の方がアメリカの刑事よりカッコいい、と僕的には思います

写真は新聞の切り抜きを貼ったスクラップブックを写メで写した物です。糊(のり)でノートに貼っちゃったので写真が皺(しわ)に成っちゃいました。好きな感じの写真なんで、今考えると(糊で貼らない方が良かったなあ)って思います。93年か94年頃だったと思いますが、詳しい日時は分かりません。スクラップブックって言っても写真がカッコいい物を切り抜いて貼ってただけなんで日付けを書いてないんです。事件自体はありふれた銀行襲撃事件の...

続きを読む

スラム地区の公園小さいです

公園にも地域格差があります。区によって凄く違うんです。 僕が最初に住んだソチミルコの公園は、1番大きくて、単なる公園で無くて、運動公園(parque deportivo)でした。良く覚えてませんがサッカー場が4つか5つくらいあって野球場も3つか4つあって、テニスコートや水泳プールがありました。ここは他の地区の公園とくらべても別格に大きかったです。高級地区のコロニア・ローマの公園もソチミルコの公園と比べれば全然小さいですが、他の貧...

続きを読む

道路工事の人たち

僕の街で古い下水管を交換する工事をしてました。区の仕事を請け負った民間の会社の人たちの作業チームが8人と、仕事を監視したり付近住民との折衝に当たる仕事をする為に区の職員のお姉さんたちが8人来ていました。このあと8対8で合コンとかするのかは分かりません。まさか全員でホテルに行っちゃったりして...『16人だけど、いいかな?』『金さえ払ってくれりゃあ、こっちは構いませんよ。(あんたらがどんなプレイしようが)どうぞ、ご...

続きを読む

サウダーデ(SAUDADE)

僕は(東京の)新宿区の新宿七丁目で生まれました。僕が生まれた頃は東大久保と言う町名でしたが僕が高校生の時に新宿七丁目に名前が変わりました。古い町名の方が好きです。角筈とか淀橋とかの町名も西新宿○丁目とかに変えられてしまいました。新宿区の町名って、百人町とか三光町とか新田裏(しんでんうら)とか余丁町(よちょうまち)とか、戸山町とか河田町とか喜久井町とか牛込柳町だとか、いい町名が多いんです。僕はそう言う古い町名を変...

続きを読む

自己責任の国、

バックパッカーをして、色んな国を廻った経験がある人は、多分僕と同じ意見だと思うんですけど、電車やバスの運転が日本ほど丁寧な国は無いと思います。走ってる路面電車に飛び乗ったり、飛び降りるようなシステムの国もありました。何より違うのはブレーキの掛け方なんです。大抵の国の運転手さんが、日本の運転手さんより粗かったです。日本のように丁寧な国は年を取ってから住むのにはいいと思います。ただし、自分が年を取って自分の番に...

続きを読む

弱かった頃のカープが好きだったんです。

僕のお父さんは広島人でしたが、呉の人だったので阪神ファンでした。僕は東京の新宿で生まれましたけど、小学校の1年生の時からカープファンでした。広島東洋カープがまだ弱くて、いつも最下位争いをしていた時代です。赤ヘルになる前の黒の帽子にHのマークの頃のカープです。弱いから応援したかったんです。川上巨人が毎年優勝している時代でした。読売がお金で、いい選手を集めて勝っていた時代です。小学校のクラスのみんなはジャイアンツ...

続きを読む

飛行機けっこう低く飛んでます。

僕の家の近くのメトロの駅の方の大通りから飛行機の写真が撮れます。前にも書きましたが、僕は空港の近くに住んでます。奥さんが長女なので姑と一緒に住んで家を守らなければ成らないからです。飛行機、けっこう低く飛んでます。住めば都で、音にも慣れました。測定器で測れば騒音は激しいんでしょうけど、人間の方が鈍くなるって言うか、気にしなく成るみたいです。僕の場合はそうでした。僕の場合は、そうでしたけど、人の性格によると思います...

続きを読む

バルセロネータでドキドキしました

写真の海辺はバルセロネータです。ランブラスの通りをズンズン歩いて突き当りまで行くと海です。僕はバルセロナに限らず、いつも旅行する時はビリヤード目的なので、毎日ビリヤード場に行くだけで、観光名所にはほとんど行かないんですよ。自分ではそうは思ってないんですが、人には、ちょっと変わった性格だと良く言われます。だからバルセロナにも何回か行ってますが、毎日ビリヤードしに行くだけで、サグラダ・ファミリアとかグエル邸でし...

続きを読む

アンダルシア人の姑

写真は僕の姑のローサです。区でやってる踊りのサークルの発表会の時の写真です。 姑のローサは今77、8才くらいです。元気と言えば元気で、まだまだ若いと言えば若いです。30年前は姑も40代の女盛りで美人タイプでしたが、やはり年を取れば美貌も衰えるのは仕方ないです。女の命は咲いて枯れて行くバラの花、だと思います。若い時は美人タイプだった姑ですが、年を取ってから段々かわいい感じに成って来ちゃったみたいで面白いです。なんとな...

続きを読む

初めてピカチュウのTシャツを着た日の事

日本の封建制度や村社会が嫌で脱日した事は前のブログ[さよならニッポン]に書きました。今はどうだか知りませんが当時の日本は窮屈な田舎の村みたいな国だったんです。例えば、バイクは二十歳まで、とか...結婚は男32才まで女はギリ29まで、とか...ピカチュウのシャツは10才まで...とかの個人の自由な系統の個人の自由な事まで世間体だの世間様とかが姦(かしま)しくて人と同じにする事を要求するような国で、自由に生きられない国だと僕...

続きを読む

プロフィール

mx.chucho

Author:mx.chucho
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ