FC2ブログ

記事一覧

【 海軍甲事件 】....昭和18年4月18日ブーゲンビル島空中戦、聯合艦隊司令長官山本五十六大将の戦死. (4)

防弾装備が無くて脆弱な1式陸攻ですからひとたまりもない状況で2機とも被弾炎上しました。1番機の操縦員の小谷飛曹長は陸地に不時着しようとして2番機は海上に不時着する判断をしたと思われます。山本長官、宇垣参謀長、遭難の報を受けた第一根拠地隊司令部はただちに撃墜された2機の1式陸攻の捜索のために938空の零観(零式観測機)を飛ばしました。山本長官の乗っていた1番機はプーゲンビル島内に墜落していて、山本長官以下11名...

続きを読む

【 海軍甲事件 】....昭和18年4月18日ブーゲンビル島空中戦、聯合艦隊司令長官山本五十六大将の戦死. (3)

米軍が上空から掛かって来ないで対戦闘機戦闘の死角に当たる下方から忍び寄って来た訳です。空中戦の場合は高度が上の方が有利なのですが下から来る敵は見張りの死角に成るので奇襲攻撃には良い訳です。米軍が敢えて高度が低い下方から仕掛けて来たのは『劣位戦』の不利を承知で奇襲を掛けたかったからだと思われます。ミッドウエイ海戦の敗北で母艦航空隊はベテラン搭乗員を大量に失って技量レベルが低下しましたが基地航空隊はまだ...

続きを読む

【 海軍甲事件 】....昭和18年4月18日ブーゲンビル島空中戦、聯合艦隊司令長官山本五十六大将の戦死. (2)

4月18日、0525(午前5時25分)米陸軍航空隊のP38戦闘機18機がガダルカナル島ヘンダーソン基地より発進(途中2機が発動機不調で引き返す)。ヤマモト機との会敵地点はブーゲンビル島上空。日本機の現地到着時間は0735と予想される為に0730までに現地に必着する必要が米軍側にあった。0605、ニューブリテン島ラバウル東飛行場より1番機に山本長官と幕僚、2番機に宇垣参謀長と幕僚が乗った1式陸上攻撃機2機と護衛の零式艦上戦闘機6機が...

続きを読む

【 海軍甲事件 】....昭和18年4月18日ブーゲンビル島空中戦、聯合艦隊司令長官山本五十六大将の戦死. (1)

聯合艦隊司令長官の山本五十六大将は昭和18年4月にショートランド、ブイン、バラレなどのソロモン方面の前線基地を視察して前線の将兵の士気を鼓舞する事にした訳です。この辺の経緯は山本五十六を美化して書いてある文献資料が多くて聯合艦隊司令部の中では聯合艦隊司令長官に万一の事があっては全軍の士気に関わるとして危惧する声が多かったのを山本が強行したなどと書いている物が多いんですけど実際は逆だったみたいです。山本は...

続きを読む

プロフィール

mx.chucho

Author:mx.chucho
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ