FC2ブログ

記事一覧

ゴミ屋さんを見て、高校の学食の現金強奪事件を思い出しました

僕は、ゴミ屋さんを見ると『杉並ゴミ事件』『杉並ゴミ戦争』を思い出すんです。実に面白い、いい事件でした😆僕が高校生の時で美濃部が村長(=都知事)の頃だったと思います。青島幸男が村長に成る前だったと思います。でも、日本村の政治の事に興味が無かったので、良く分かりません。青島が村長だったかも知れません。誰が村長だろうがカスしか居ない国だから、あまり関係が無い訳です。大江戸ちょんまげ村の村長の美濃部亮吉か青島幸男かのど...

続きを読む

恩師エラ松(3年B組エラ松先生)の想い出 第4章「熱血漢の漢文教師、墜ちた偶像」

前のブログ「一歩の距離」に書いた右翼のA川君は学校に小勉強(こべんきょう)を教わりに来てるのでは無くて人生を教わりに来ている方なので、昭和生まれの小便垂れ教師の時間は机を横に向けて(バカな教師のゲスな面が目に入って目を汚さないように)サラリーマン教師共の時間は机の向きを変えて廊下の方を向いて、「大日本帝国陸軍軍装図鑑」などと言う図鑑を眺めたり、「ああ、加藤隼戦闘隊」とか「三国志」とかを読んでる訳です。エラ松...

続きを読む

恩師エラ松(3年B組エラ松先生)の想い出 第3章「漢字書き取り小テスト」

僕たちのクラスだけじゃなくて、1学年10クラス700人全員の筆跡鑑定をエラ松はする訳です。そして書道の専門家としての目利きの鑑定眼で必ず犯人を割り出して、そいつの現国の点を赤点にして2部の夜学送りにして復讐する訳です。「これから漢字の書き取りの小テストをやるっ!」とかエラ松が言う訳です。僕らは筆跡鑑定だと分かってますから(また誰か脅迫状を送ったな)ってピンと来るんですが、ガリ勉でエラ松のパシリのT岡はビックリ...

続きを読む

恩師エラ松(大日本小心者聯盟・会長、大日本利己主義団・名誉総裁)の想い出、第2章 「見ザル🐵、聞かザル🐵の処世術。君子危うきに近寄らず」

エラ松の奴は、いつも僕たちのような危険でないグループの1般生徒の前髪を✁ハサミで切ったりしくさる訳です。『M中(めいなか)』と言う僕の通っていたM治大学の付属の男子高には中小企業の社長の息子が多かったんです。中小企業の息子と商店主の息子が6割くらいでリーマンの小倅(こせがれ)が4割くらいだったんです。小岩だか新小岩だか忘れましたが、そこに本社(っつっても支店は無いけど)を構えます『有限会社N田鉄工所リミテッド...

続きを読む

恩師エラ松(大日本小心者聯盟・会長、大日本利己主義団・名誉総裁)の想い出、第1章「爪に火を灯して貯めて守る男の生き様を見ろおっ!」

メトロの中で、丸美屋の「のりたま」のシャツ着てる人を発見しました😃。懐かしいです😆。まさか、メキシコで「のりたま」のシャツ着てる人に会えると思いませんでした。僕たちの年代の人間にとっては、丸美屋と言うのはノスタルジーなんです。スペイン語だとnostalgia(ノスタルヒア)です。ギリシア語でノスタルジアだったかどうか?自信がありません。どこでそのシャツを売ってるのか?知りたくて、青年に話しかけました。Perdón, De donde cons...

続きを読む

プロフィール

mx.chucho

Author:mx.chucho
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ